○ー○テックなど保温肌着による皮膚の痒み
○ー○テックなど保温肌着による皮膚の痒み

○ー○テックなど保温肌着による皮膚の痒み

2016.12.19

前勤務医院の時から、冬場の乾燥での痒みのために通って下さっている患者さん方には、〇ー〇テックなどの化学繊維の下着は、やめてくださいね、とずっと言い続けております。

痒みの治療をしていても保温肌着を着ているとよくならないし、保温肌着をやめていただくと、それだけでもよくなる方がいらっしゃるからです。

どうしてなのか、その理由を、私の先輩の脇田スキンソリュージョンの脇田先生が、ブログでわかりやすく説明されていたのでご紹介しますね。

11/29の日経メディカルに載っていたそうです。

保温肌着は、皮膚表面から放出された湿気を繊維が吸収し、水蒸気が水に変わるときに発生する凝縮熱によって皮膚表面を温めます。

この吸湿性が肌の乾燥につながるようです。

保温肌着はアクリレート系繊維やアクリル、ポリエステル、レーヨン、ポリウレタンといった化学繊維と綿、絹などの天然繊維を組み合わせて作られているそうです。

たとえばアクリレート系繊維は、天然繊維の綿だけよりも3.5倍も吸湿性が高いとのことです。

ということです。

これでは、皮膚が乾燥してしまいますね。

皮膚が乾燥するとバリア機能が落ちるので、外からのいろんな刺激に弱くなり皮膚トラブルは多くなります。

また、保温肌着で冬でも汗をかき、そのまま放置していて「汗も」ができている方もいます。

「汗も」だけではなく、脇田先生のブログによると、夏に多いマラセチア毛包炎(カビによるニキビに似たブツブツ)増えているそうです。

寝ている間も保温肌着を着ていることも、関連があるようです。

冬場の痒みに悩んでいらっしゃる患者さんに保温肌着をやめていただくようお話していたのは間違いなかった!ということで報告させていただきました。

私の経験からは、12月までよりも、保温肌着を着続けて、年を明けて1月、2月に痒みが強くなり受診される方が多いようです。

今からでも遅くありませんので、なるべく綿の下着を着用なさってくださいね!


乾燥肌、アトピーの方のクレンジング

2016.10.30

今日は、乾燥肌で悩まれている方、アトピー性皮膚炎の方の洗顔についてお話します。

乾燥対策には、たっぷりと保湿することはもちろん大切なことですが、保湿をしていても乾いてしまって、カサカサする、という方が多くいらっしゃいます。

そんな時は、洗顔の仕方やクレンジングを見直していただきたいと思います。

オイルクレンジングをしてダブル洗顔なんてもってのほか!

クレンジングは、ミルク、クリームタイプを使いましょう。

ダブル洗顔は、やめましょう。

朝の洗顔は、お湯だけでしてみましょう。

特に40歳以上の方、試してみてください。

当院では、ダブル洗顔をしなくてもよい敏感肌の方も使用できるクリームクレンジングを販売しております。使うことで、ドイツで特許を取っているDMSという肌の皮脂と同じような作りの膜で肌を覆ってくれます。

DSC_0416

20歳の頃から乾燥肌で悩んでいた現在53歳の私が、このクレンジングを使用するようになってから、肌乾燥で悩まされることがなくなりました。

乾燥による美容相談も受け付けておりますので、何をつかったらいいのか、何をしたらいいのか悩んでいる方はどうぞいらして下さいね(美容相談は自費診療になります)。

 


お肌の乾燥、始まっています!

2016.10.11

DSC_0386

こんにちは。

昨年6月にとみ皮膚科クリニックを開いて、1年4か月が過ぎました。

写真は、この連休で植え替えた花壇の花です。秋らしくコスモスが入っています。

これまでにいろいろなご意見を頂き毎日反省の日々ですが、多くの保険診療の患者さん、また、美容の施術にいらして下さる方々に感謝です。

とみ皮膚科クリニックのスタッフは、

看護師(全て常勤)3名、エステシャン・美容師兼助手2名、受付・医療事務4名、クラーク1名

合計10名で、日々一生懸命、心を込めて働いております。

そのうち受付・医療事務の1名は、この10月から入りました。まだ若く、しばらく見習いの状態ですがよろしくお願いいたします。

 

過ごしやすい季節となってまいりましたが、お肌はすでに乾燥が始まっています。

保湿を心がけていきましょう!

人間の体で最も皮脂の分泌がなく乾燥の痒みが出やすいのは、すねです。

すねから保湿を始めましょう!

 

 


〒417-0862  静岡県富士市石坂68ー8 
© Tomi Dermatology Clinic, All Rights Reserved.