一般皮膚科
一般皮膚科

治療対象疾患

ニキビ

保険診療では、思春期ニキビも大人のニキビもディフェリンゲルという角質ケアをするお薬を塗っていただきます。また、この春に新しく、ベピオゲル、デュアック配合ゲルという2つの過酸化ベンゾイル(海外ではニキビ治療薬として以前より使われている薬です)の処方薬が発売されました。当院でも早速、処方しております。過酸化ベンゾイルはピーリング効果で角質ケアを行います。
体の中がどんな状態でも、皮膚のつまりがなければ、炎症の強いニキビは出来にくくなりますし、できてしまっているニキビは治りやすくなります。ニキビ治療も継続することが大事です。小さな肌のつまりの状態から治していきましょう。

ニキビ

また、必要に応じて、ビタミン剤の内服、漢方薬の内服、抗菌剤の内服外用を加えていきます。
自費診療がご希望の方には、レチノイン酸外用、マグコロールピーリング、LED治療器ヒーライト照射、フォトセラピー、スペクトラレーザーピール炭酸ガスフラクショナルレーザーeCO2での肌の入れ替え、マクロゴールピーリングオバジZOスキンヘルスまで多彩なメニューを取り揃えております。
お気軽にご相談ください。

自費診療をご希望の方は
こちらをご覧ください

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性の病気です。高血圧や糖尿病と同じように、継続して治療していくことが大事です。
抗アレルギー剤とステロイド軟膏、保湿剤の外用が基本となりますが、状態や部位によって、適切なランクのステロイドを選択していくことが副作用を少なくする上で大事です。いい状態の時も、保湿剤の外用は欠かせません。
ステロイド外用剤以外のタクロリムスという免疫抑制剤の軟膏を使用することもあります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の方でも使用できる化粧品の紹介もしております。薬だけでは、肌をいい状態に保てないこともあります。当院で扱っているものもありますので、お気軽に化粧品の相談もお受けいたします。
炎症後の色素沈着に対して、当院では、ヒアルロン酸と抗酸化作用のあるビタミンC・Eの皮膚への導入(エレクトロポレーションというやり方で)を行っております。アトピー性皮膚炎の状態もよく保てるという効果もあります。こちらは、自費診療になりますので、ご希望の方はお申し出ください。

じんましん

食べ物や薬によるもの以外に、温度差や機械的な刺激、疲れなどが原因の場合があります。この場合には、慢性じんましんになることが多いため、抗アレルギー剤という薬を長期に飲んでいただきます。内服をやめる時も少しずつ飲む量を減らしていきます。抗アレルギー剤は花粉症対策の時にも飲むお薬です。長期に内服しても心配ありませんので安心してお飲み下さい。

フケ症

頭皮のフケ症は、ほとんどが脂漏性皮膚炎という病気です。眉毛の上や鼻のワキ、耳の中や後ろに出る場合もあります。皮膚の上にいる真菌と皮脂が合わさって病気を起こしますが、ストレスや脂っこい食事、不規則な生活なども悪化させる原因になります。体質も影響し、一度よくなっても繰り返しますので、長期の通院をおすすめします。
炎症を抑えるステロイド軟膏やプロトピック軟膏の外用に加え、ビタミンB2B6の内服をしていただきます。

フケ症

円形脱毛症、白斑

どちらも、治療していても先が予測困難な疾患ですが、通常の外用療法の他、当院では、局所照射が可能な紫外線治療器(308エキシマシステム)を使用しております。使用しない場合と比較して、治癒率が高いというデータがでています。
エキシマレーザーは、1週間に1回から2回の照射で、短時間ですみます。

加齢によるイボ治療

顔、首にできている加齢によるイボは、デルマトロンという中周波の器械で治療していきます。小さいものでしたら、1回の治療でとれます。通常は、同じ部位は4週間おきに治療を繰り返します。繰り返すことで、新しく出てきた生まれたてのイボも治療することができます。とれた痕は残りません(古いイボで、元々色素沈着があるものは、色素沈着が残ります)。
大きいものは、液体窒素による治療で小さくしてからデルマトロンを使用します。

デルマトロン

ウイルス性イボ

尋常性疣贅といいます。手や足の裏によくできます。液体窒素で治療していきますが、治りにくく治療は長期かかります。ほっておくとウイルスが他にとび、うつりますし、大きくもなりますから、頑張って通院して頂かなくてはなりません。いつ、とれるかは、その方の免疫力にもよりますので、予測ができないのが現状です。でも、必ずとれます。

〒417-0862  静岡県富士市石坂68ー8 
© Tomi Dermatology Clinic, All Rights Reserved.